スーダンのテロ指定解除を通告 米ホワイトハウスが議会に

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ホワイトハウスの執務室で、スーダンのテロ支援国家指定解除について通話するトランプ大統領=23日、ワシントン(ロイター=共同)
ホワイトハウスの執務室で、スーダンのテロ支援国家指定解除について通話するトランプ大統領=23日、ワシントン(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】米ホワイトハウスは23日、トランプ大統領がスーダンのテロ支援国家指定を解除する方針を議会に通告したと発表した。ロイター通信によると、イスラエルとスーダンは同日、国交正常化で合意。米国との3カ国共同声明を発表し、明らかにした。

 イスラエルとアラブ諸国の正常化合意はアラブ首長国連邦(UAE)、バーレーン両国に続き3カ国目。11月3日に迫った大統領選で再選を狙うトランプ氏は、イスラエルを重視するキリスト教右派の福音派が支持基盤で、外交成果として誇示する狙いがあるとみられる。