小平智が通算-12で20位 米男子第3日、金谷拓実は25位

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
第3ラウンド、6番でティーショットを放つ小平智。通算12アンダーで20位=シャーウッドCC(共同)
第3ラウンド、6番でティーショットを放つ小平智。通算12アンダーで20位=シャーウッドCC(共同)

 【サウザンドオークス(米カリフォルニア州)共同】米男子ゴルフのZOZOチャンピオンシップは24日、ロサンゼルス郊外のシャーウッドCC(パー72)で第3ラウンドが行われ、70で回った小平智は通算12アンダー、204で首位と7打差の20位となった。金谷拓実は68で回り11アンダーで25位。

 69だった今平周吾は通算8アンダーで39位、68の松山英樹と70の石川遼が7アンダーで48位に並んだ。星野陸也は75と崩れ3アンダーで68位。堀川未来夢は74位、関藤直熙は76位。

 ジャスティン・トーマス(米国)が通算19アンダーで首位を維持した。