「核兵器の存在理由なくなる」 ICAN・川崎さんが会見

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
オンラインで記者会見するICANの川崎哲国際運営委員=25日午前
オンラインで記者会見するICANの川崎哲国際運営委員=25日午前

 核兵器禁止条約の発効に向け取り組んできた非政府組織(NGO)「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)の川崎哲国際運営委員(51)が25日、オンラインで記者会見し、発効確定について「核兵器が違法化され存在理由がなくなるということ。うれしいし、興奮している」と述べた。

 川崎さんは、過去にできた他の兵器を禁じる条約と同様、保有国が兵器を使えなくなる効果があると指摘。「核兵器を許さないという包囲網が生まれている。冷静でまともな指導者は(核保有を)やめようという選択をするしかない」と強調した。