大曲高出の大東大・鈴木、区間新 全日本大学女子駅伝

会員向け記事
お気に入りに登録

 全日本大学女子駅伝は25日、弘進ゴムアスリートパーク仙台から仙台市役所前市民広場までの6区間、38・1キロで行われ、名城大が2時間2分57秒の大会新記録で史上3校目の4連覇を果たした。5度目の優勝。

 大東大は日体大から13秒遅れの3位でたすきを受けた6区鈴木優花(大曲高出)が、6・7キロを22分17秒の区間新記録(区間賞)で走って順位を上げた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 554 文字 / 残り 380 文字)

同じジャンルのニュース