庄司が幕下復帰、竜風は三段目筆頭 大相撲11月場所番付

会員向け記事
お気に入りに登録

 日本相撲協会は26日、大相撲11月場所(11月8日初日・両国国技館)の新番付を発表した。

 郷土力士は、先場所三段目西6枚目で4勝3敗と勝ち越した庄司(26)=武蔵川部屋、本名庄司向志、美郷町出身=が幕下に復帰し、10枚上げて東56枚目とした。三段目西12枚目で4勝3敗と勝ち越した竜風(26)=尾車部屋、畠山涼太、井川町出身=は11枚上げて同東筆頭。県勢最高位は、幕下東37枚目で5勝2敗とし、同24枚目に上がった将豊竜(24)=時津風部屋、吉田将太、横手市出身=だった。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 512 文字 / 残り 275 文字)

同じジャンルのニュース