思い出の校歌、毛筆で書き写す 本年度で閉校の石沢小

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
1文字ずつ校歌を書き入れる児童
1文字ずつ校歌を書き入れる児童

 本年度で閉校する秋田県由利本荘市の石沢小学校(松本健校長、47人)に25日、児童や住民ら100人以上が集い、巨大用紙に毛筆で校歌を書き写した。2年に1度、同校を会場として開かれる地域の行事「石沢地区文化祭」の一環として行われた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 644 文字 / 残り 529 文字)

秋田の最新ニュース