慶大1年佐藤(大館鳳鳴高出)本格派左腕、飛躍の秋

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
東京六大学野球秋季リーグでの飛躍が期待される佐藤=横浜市の慶大下田グラウンド
東京六大学野球秋季リーグでの飛躍が期待される佐藤=横浜市の慶大下田グラウンド

 東京六大学野球秋季リーグが9日、神宮球場で開幕する。昨年、大館鳳鳴高校で秋田県内屈指の左腕として注目され、慶応大に進んだ佐藤宏樹(18)は春季リーグで1年生ながら登板機会を与えられており、チームの期待が大きい。夏は変化球のコントロールなど課題の克服に取り組み、秋の飛躍が期待される。慶大の初戦は16日の東大戦。佐藤は「自分の役割を全うして優勝したい」と闘志を燃やしている。

 直球に縦横のスライダー、チェンジアップを織り交ぜて打ち取る。最大の武器は最速145キロの直球だ。ボールの回転数の多さはチーム一で、浮き上がるように伸びて空振りを奪う。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1306 文字 / 残り 1035 文字)

秋田の最新ニュース