大原美術館が寄付募集 コロナで入館者数減少

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
岡山県倉敷市の大原美術館
岡山県倉敷市の大原美術館

 大原美術館(岡山県倉敷市)は26日、新型コロナウイルス感染症の影響による来館者減少を受け、運営資金を募るクラウドファンディングを始めた。目標額は1千万円で、12月25日まで。

 大原美術館は1930年に設立され、西洋美術中心の美術館として知られる。新型コロナの感染予防のため、今年4月から約4カ月休館し、その後も入場者数を制限。運営資金の8割が入館料収入のため、一般公開を続けるための資金集めを決めた。

 インターネット上で、作品の解説付きで美術館を観覧できる専用サイトの利用権を返礼にする。