藤井二冠、王将への挑戦消える 20年度タイトル戦出場は終わり

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
王将戦挑戦者決定リーグで永瀬拓矢王座と対局し、熟考する藤井聡太二冠=26日午後、東京都渋谷区の将棋会館(代表撮影)
王将戦挑戦者決定リーグで永瀬拓矢王座と対局し、熟考する藤井聡太二冠=26日午後、東京都渋谷区の将棋会館(代表撮影)

 将棋の最年少二冠、藤井聡太王位・棋聖(18)は26日、東京都渋谷区の将棋会館で指された第70期王将戦挑戦者決定リーグで永瀬拓矢王座(28)に負け、通算成績が0勝3敗となり、2020年度のタイトル戦出場は終わり、挑戦はなくなった。三冠目の獲得は21年度以降になった。

 王将戦リーグはトップ棋士7人が総当たりで、各自6局を行う。3戦全勝の永瀬王座と豊島将之二冠(30)は直接対決があり、どちらかが4勝以上となるため、3敗の藤井二冠は残りを全て勝っても及ばない。

 藤井二冠はリーグ戦の初戦で羽生善治九段(50)、2戦目には豊島二冠に逆転で負け、2連敗していた。