秋田杉の箸で県産材PRはいかが 五城目町のメーカーが提案

会員向け記事
お気に入りに登録
菊地合板木工が会社や杉材のPRに活用している秋田杉の使い捨て箸
菊地合板木工が会社や杉材のPRに活用している秋田杉の使い捨て箸

 秋田県五城目町の菊地合板木工が、自社から出た秋田杉の切れ端を材料に作られた使い捨て箸を会社や杉材のPRに活用している。社員が営業先などへ手土産として配り、好評を得ている。菊地成一社長(71)は「県内の飲食店やお弁当と組み合わせれば秋田の話題の一つになり、県産材のアピールにもなる」とし、県内企業や行政に広く活用してもらいたいと考えている。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 846 文字 / 残り 676 文字)

秋田の最新ニュース