秋田市出身今野勉氏ら文化功労者 文化勲章は橋田寿賀子氏ら

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
今野勉氏
今野勉氏

 政府は27日、2020年度の文化勲章を脚本の橋田寿賀子(95)、工芸(人形)の奥田小由女(83)、日本文学の久保田淳(87)、物性物理学の近藤淳(90)、彫刻の澄川喜一(89)の5氏に贈ることを決めた。文化功労者には、秋田市出身で2001年に本県で開催された第6回ワールドゲームズの開会式で総合プロデューサーを務めた放送文化(テレビ)の今野勉(84)、スポーツの加藤沢男(74)、作曲の三枝成彰(78)、漫才の西川きよし(74)ら20氏を選んだ。漫才の分野からの選出は初。三枝氏は2000年に中高一貫校として誕生した秋田市の御所野学院の校歌を作曲した。

 文化勲章の親授式は11月3日に皇居で、文化功労者の顕彰式は同4日に東京都内のホテルで開かれる。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 889 文字 / 残り 564 文字)

秋田の最新ニュース