時代を語る・桑原功(23)変革へ将来ビジョン

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田卸センターの設立40周年記念感謝祭=平成22年7月
秋田卸センターの設立40周年記念感謝祭=平成22年7月

 将来像を探る「秋田卸団地リニューアルビジョン委員会」は中身の濃い構想をまとめてくれました。1年半にわたって議論・検討、苦心の跡がうかがえました。平成18(2006)年5月、協同組合秋田卸センターの理事会で承認しました。

 私がまず検討をお願いしたのは、「にぎわいのある卸団地にするにはどんなことに取り組むべきか」でした。構想は「空き施設対策」「イメージアップ」「卸機能強化」「事務局機能強化」の4点を列挙。どれも重要な指摘でした。事務局の充実、団地のPRなど一部着手済みの項目もありましたが、解決すべき問題を改めて認識するのに役立ちました。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 751 文字 / 残り 481 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース