払田柵跡って大きい! 地元児童、のぼり旗立て体感【動画】

会員向け記事
お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
手作りののぼり旗を組み立てる児童
手作りののぼり旗を組み立てる児童

 秋田県大仙市の高梨、横堀両小学校の児童が26日、地元仙北地域の国指定史跡「払田柵跡(ほったのさくあと)」で、外柵があった場所にのぼり旗約150本を立てた。11月30日まで設置されており、払田柵の規模を体感することができる。

 両校の5、6年生95人が参加した。設置作業に先立ち、県教育庁払田柵跡調査事務所の担当者が史跡の概要を説明。続いて、児童は柵のイラストや、仙北地域のマスコットキャラクター「柵麻呂くん」を描いた手作りののぼり旗など約150本を組み立て、田んぼに打ち込まれたくいに結束バンドで固定した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 579 文字 / 残り 326 文字)

秋田の最新ニュース