中国、エコカー強化方針 35年までに「電動化」

お気に入りに登録

 【北京共同】中国が環境政策を進めるため、2035年までにハイブリッド車(HV)以上の環境性能を持つエコカーを主流にし、「電動化」を強化する方針を示したことが27日分かった。一般的なガソリン車の販売が厳しくなる恐れがある一方で、環境性能に優れる日系メーカーに有利となる可能性がある。

 中国政府の意向を受けたとみられる中国エンジニアリング学会が、今後の自動車製造の方向性を示すスケジュールとして明らかにした。学会は「伝統的な動力に占めるHVの割合を100%にする」としている。