国連、週内の対面会合を中止 加盟国代表部でコロナ感染確認

お気に入りに登録

 【ニューヨーク共同】国連総会のボズクル議長は27日、加盟国の国連代表部に所属する5人の新型コロナウイルス感染が確認されたとして、ニューヨークの国連本部で週内に予定されていた総会本会議と主要委員会の対面会合を全て中止すると加盟国に通知した。

 日本が総会第1委員会に提出した核兵器廃絶決議案は27日に採決予定だったが延期された。安全保障理事会は27日の対面会合を急きょオンライン会合に切り替えた。

 国連外交筋によると、感染した5人はアフリカ西部の国の国連代表部に所属。グテレス事務総長は会合中止の理由として、感染規模と感染ルートの確認が必要としている。