東京、新たに171人感染 大学運動部で相次ぐ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
東京都庁
東京都庁

 東京都は28日、新たに早稲田大スケート部(ホッケー部門)の部員7人の感染が確認されるなど、都内の新型コロナの感染者が新たに171人報告されたと明らかにした。都内の感染者は3万456人となった。

 早稲田大によると、既に感染が判明していた部員と同じ寮の学生全員を検査した結果、7人の感染が分かった。スケート部(同)の感染者は計13人となった。都内では、法政大サッカー部や日本大空手部でも感染者が確認されている。大学のほか、病院や福祉施設などでのクラスター発生が目立っている。

 新規感染者のうち83人は経路不明で、重症化リスクの高い65歳以上は28人だった。