イスラエル、過去最多の入植住宅 軍が承認、拡大継続

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
住宅が広がるユダヤ人入植地=23日、ヨルダン川西岸クファルアドミム(共同)
住宅が広がるユダヤ人入植地=23日、ヨルダン川西岸クファルアドミム(共同)

 【エルサレム共同】イスラエル軍当局が今年、パレスチナ自治区ヨルダン川西岸で、ユダヤ人入植者用の住宅計1万2159戸の建設計画を承認し、2012年以降最多となったことが分かった。入植活動を監視するイスラエルの平和団体ピースナウが28日までに発表した。

 トランプ米政権の仲介で、イスラエル政府はアラブ諸国と関係改善を進める一方、占領地での入植拡大を続けている。アラブ諸国はイスラエルとの和平の条件としてパレスチナ問題の解決を掲げてきたが、それが置き去りにされている実態が浮き彫りになった。