特殊詐欺「出し子」か 県警、33歳男を逮捕

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田中央署と県警捜査2課は27日、他人のキャッシュカードで現金を引き出したとして、窃盗の疑いで仙台市宮城野区福室4丁目、自称アルバイトの男(33)を逮捕した。特殊詐欺グループの「出し子」とみられる。

 逮捕容疑は24日、複数の者と共謀し、不正に入手した岩手県花巻市の80代女性のキャッシュカードを使い、同市の商業施設の現金自動預払機(ATM)で複数回に分けて現金45万6千円を引き出した疑い。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 309 文字 / 残り 113 文字)

特殊詐欺事件の加害側の動きを追った連載です

同じジャンルのニュース