横手駅にオリジナル駅弁 31、1日のイベントで販売

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
横手市産の食材を使った3種類のオリジナル駅弁
横手市産の食材を使った3種類のオリジナル駅弁

 秋田県横手市の食材を使ったオリジナル駅弁や農産物が売り出されるイベント「JRみどり市inよこて」が31、1の両日、JR横手駅構内で開かれる。同市で開かれる県種苗交換会に合わせ、横手市観光推進機構が初めて開く。

 改札前で市内飲食店によるオリジナル駅弁3種類を売り出す。▽いずみの「よこて牛すじ重」▽スマイルの「スマイルランチボックス」▽バル・パサポルテの「短角牛しぐれとアップル豚の2色丼」―の3種類。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 432 文字 / 残り 231 文字)

秋田の最新ニュース