藤里でソバ豊作、焼酎にして販売 北秋田・北鷹ファーム

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
北鷹ファームが藤里町で育てたソバを使ったそば焼酎
北鷹ファームが藤里町で育てたソバを使ったそば焼酎

 北秋田市栄の農事組合法人・北鷹ファーム(藤嶋健一代表理事)は、藤里町の耕作放棄地を活用して育てたソバを使い、そば焼酎を商品化した。11月上旬から北秋田市内のスーパーなどで販売する予定。

 北鷹ファームは、北秋田市と藤里町でコメや大豆などを栽培している。昨年は藤里町の耕作放棄地4カ所約20ヘクタールでソバを栽培。豊作だったため、収穫した800キロを焼酎に使用することにした。製造は山形県寒河江市の古澤酒造に依頼。今年1月の仕込みから熟成期間を経て720ミリリットル入り1764本を醸造した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 473 文字 / 残り 228 文字)

同じジャンルのニュース