コケのインテリア工房、にかほにオープン ほぼ毎日体験教室

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
コケのインテリアの製作体験の様子
コケのインテリアの製作体験の様子

 秋田県にかほ市金浦の国道7号沿いに、コケを使ったインテリアの製作体験ができる工房がオープンした。栽培にも取り組む同市象潟町の高橋一弘さん(39)が経営し、つるし飾りのほか瓶に入ったテラリウムを作って楽しめる。

 高橋さんは塗装業の傍ら、造園用のコケを通信販売していた。より多くの人にコケの面白さに触れてもらい、生態について説明したいとの思いから体験工房の開業を発案した。工場跡を工房に改装中で、9月に「苔(こけ)と流木の工房」の仮称で試験的にオープンした。

 工房は午前11時~午後5時。不定休。問い合わせは工房TEL0184・74・5292

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 741 文字 / 残り 470 文字)

同じジャンルのニュース