東北電力社長「信頼構築を」 女川原発の再稼働巡り町長に

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
宮城県女川町の須田善明町長(左)の申し入れに対する回答書を手渡す東北電力の樋口康二郎社長=29日午前、同町役場
宮城県女川町の須田善明町長(左)の申し入れに対する回答書を手渡す東北電力の樋口康二郎社長=29日午前、同町役場

 東北電力女川原発2号機(宮城県女川町、石巻市)の再稼働を巡り、同社の樋口康二郎社長は29日、女川町役場で須田善明町長と会談した。東京電力福島第1原発事故に触れて「安全の高みを追求し、信頼の再構築に取り組む」と伝えた。町長は再稼働に同意するかどうかの判断を前に、安全に対する同社の姿勢を説明するよう求めていた。

 樋口社長は回答書を手渡し「単なる再稼働ではなく再出発だ。地域との絆を強め、原発事故の教訓を反映させる。技術力向上に努め、安全最優先を企業風土に根付かせたい」と述べた。町長は「安全文化の一番大事な基盤は信頼関係だ。その決意を述べてくれた」と応じた。