美郷の食材召し上がれ! 六郷高生が地元食材で弁当開発

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
あきた美郷づくりと協力して弁当を開発した六郷高教養部
あきた美郷づくりと協力して弁当を開発した六郷高教養部

 秋田県美郷町の第三セクター・あきた美郷づくりと、同町の六郷高校の生徒有志が協力して、町の食材を使った「美郷盛(もり)だくさん弁当」を開発した。来月の1カ月間、予約制で限定販売する。

 弁当は町産のコメと野菜を使い調理。町産黒毛和牛を使った「美郷まんま」など、3種類のまぜご飯をあしらう。おかずのハンバーグには町のイメージキャラクター「美郷のミズモ」の焼き印を押し、ポークソテーの風味付けに、町独自の白色ラベンダー「美郷雪華」の酵母から作った酒かすを使う。

 1個850円。11月の1カ月間、1日20個限定で販売する。買う際は電話で予約し、名水市場湧太郎(六郷)内の土産物店「美郷屋」で受け取る。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 714 文字 / 残り 418 文字)

秋田の最新ニュース