力作の展示作業、着々 秋田書道展、31日開幕

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
作品の展示作業が進む秋田市中通のアトリオン
作品の展示作業が進む秋田市中通のアトリオン

 第83回秋田書道展(秋田魁新報社主催)が31日、開幕する。会場となる秋田市中通のアトリオンでは29日、作品の展示作業が行われた。

 同展は県内最大規模の書道展。一般、小中高生から計2276点の応募があり、入賞1863点、入選404点(半紙、八つ切り、硬筆含む)を展示する。最高賞の魁星賞を3回受賞した人が出品した招待作品7点、推薦を3回受賞した人が出品した無鑑査作品47点、審査主査を務める杭迫柏樹(くいせこはくじゅ)さん(86)=京都市=ら審査員による賛助作品10点も並ぶ。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 391 文字 / 残り 153 文字)

秋田の最新ニュース