コメ作況99、平年並みに下げ 九州の台風や西日本で病害虫影響

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
稲刈り=9月、埼玉県内
稲刈り=9月、埼玉県内

 農林水産省は30日、今月15日時点の調査で、2020年産のコメ(水稲)の全国の作況指数(平年=100)が、1カ月前の前回調査から2ポイント低い99の「平年並み」の見通しになったと発表した。米どころの北海道や東北、北陸では生育が順調だったが、西日本では日照不足による生育不良や病害虫の被害が出た。九州では台風が影響した。

 これに伴い、20年産の主食用米の収穫量は722万9千トンと見込み、前回調査から11万7千トンの減少となった。19年産と比較すると3万2千トン減となる。

 新型コロナの影響で外食需要が落ち込み、在庫増加による供給過剰が懸念されている。