医療的ケア児の支援法案を提出へ 野田氏ら超党派、今国会

お気に入りに登録

 自民党の野田聖子幹事長代行や超党派の国会議員のメンバーらは30日、たんの吸引など日常的なケアを受けながら生活する「医療的ケア児」への支援強化に向けた法案の骨子をまとめ、発表した。今国会に議員立法として提出、成立を目指す。

 骨子は、医療技術の進歩で医療的ケア児が増加していると指摘。健やかに成長できる社会の実現や家族の離職防止を目的に掲げた。適切な対応を取ることを国や自治体、学校などの責務とした。

 学校には、保護者の付き添いがなくても適切なケアが受けられるよう看護師などの配置を求める。