北斗星(10月31日付)

お気に入りに登録

 一雨ごとに寒くなるようだ。夜に一降りした翌朝は特に肌寒く感じる。街を歩くと色づき始めた街路樹が風に揺れる。枯れ葉がカサカサと歩道を鳴らす。秋の終わりも近いと感じる時だ

▼農業の祭典県種苗交換会は毎年、そんな時期に開かれる。今年は横手市で昨日開幕、日程を短くし農産物展示は出品数を減らした。会場入り口では検温を実施。全て新型コロナウイルス対策のためだ。「歴史の火を絶やすことなくつなげたい」。関係者の強い思いで143回目が実現した

▼開始間もない明治の中頃は中断の危機があった。主催者だった県が隔年開催を決めたからだ。だが創設に力を注いだ石川理紀之助らが私費を投じ乗り切った。1回休めばその分、農業の発展が遅れる。そう受け止めるほど農家の意欲は盛んだった

▼もう一人忘れてならないのが秋田市出身の聖農、森川源三郎だ。理紀之助と同い年でお互いを「先生」と呼んだ。協力関係は「混然一体」と評された。源三郎には「三心」の語がある。発心、決心、相続心(継続心)を指す

▼発心と決心は誰でもするが、相続心がないと事業は完成しない。そう言って自らの戒めとした。143回を迎えた交換会はこの心あっての歩みだ

▼最後に理紀之助の言葉を紹介したい。「樹木は祖先より借りて子孫に返すものと知れ」。樹木を田畑に置き換えれば、世話をして後世に伝えるのが食を支える農の営みだろう。コロナ時代の交換会に「子孫に返す」大切さを思う。

秋田の最新ニュース