遠い風近い風[宮田陽]学校寄席

会員向け記事
お気に入りに登録

 久しぶりに秋田の地を踏める日がやって来た。今月21日、秋田市文化会館で開催された秋田中央高校芸術鑑賞教室、いわゆる“学校寄席”に呼んでいただいたのだ。感染対策を講じて開催にこぎつけてくれた先生方には、感謝の気持ちでいっぱいだ。

 秋田中央高校の生徒さんは、舞台に集中し前向きに楽しもうとしてくれ、温かいリアクションで出演芸人を乗せてくれた。

 学校寄席は、学校によって雰囲気が全く異なる。緞帳(どんちょう)が上がると指笛を鳴らし、芸人が登場すると奇声を発するノリの良すぎる学校。逆に、殺気立った目で芸人を睨(にら)み、「お前らごときの芸で絶対に笑わねえ」という強い意志を見せる生徒だらけの学校。漫才の本場、関西方面の学校にこの傾向がよく見受けられる。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1278 文字 / 残り 954 文字)

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース