高校駅伝県予選、男子・秋田工8連覇 女子・北鷹は2年連続

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
女子優勝の秋田北鷹。前列右から時計回りに渡辺、阿部、佐藤、奈良田、藤田
女子優勝の秋田北鷹。前列右から時計回りに渡辺、阿部、佐藤、奈良田、藤田

 男子第71回、女子第32回全国高校駅伝秋田県予選が31日、大潟村ソーラースポーツラインで行われた。7区間42・195キロの男子は秋田工が2時間6分37秒で8年連続26度目の優勝を果たし、5区間21・0975キロの女子は秋田北鷹が1時間15分3秒で2年連続4度目の頂点に立った。

 両校は全国高校駅伝(12月20日・京都市)、男女各上位4校は東北大会(11月12日・岩手県一関市)に進む。

 県予選には男子がオープン参加の合同5を含む19チーム、女子は合同1を含む13(棄権2)チームが出場した。

秋田の最新ニュース