中村2発、強度の高いプレー貫く

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田は攻守の切り替えの速さ、球際での力強さなどプレーの細部で相手を上回っていた。吉田謙監督の「局面ごとの勝負にこだわり、ボール1個分、体半分、1プレーに気持ちを込めて」との教えを忠実にプレーで体現。その積み重ねが先制点、勝ち越し点を呼び込んだ。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 509 文字 / 残り 386 文字)

秋田の最新ニュース