革製品店「すずなり」、五城目町に1日開店 製作体験も計画

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県五城目町中心部に1日、手作り革製品の製造販売店「すずなり」がオープンする。秋田市の小松田靖之さん(32)が空き店舗を借り、半年がかりで改装した。これまで同市の自宅を仕事場にしていたが、五城目町が気に入り、近く住居も移す。

 かつて靴店やクリーニング店だったという店舗兼住宅を改装。広々とした店内では、財布(8500円~)や車用キーケース(9900円)、カメラストラップなど14種を展示販売する。主にイタリア製の牛革を使用。グレーやベージュなど淡い色合いの商品が多く、好きな色の革を組み合わせられる商品もある。

 店は工房を兼ね、工業用ミシンなどの加工機が並ぶ。壁には革の裁断に使う大小さまざまな「刃型」を掛け、インテリアの一部にもなっている。革製の贈り物を作るワークショップなど、体験イベントも開く考え。

 すずなりは五城目町字上町52。営業は午前10時~午後6時。月・金曜定休。TEL080・5556・5007

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 861 文字 / 残り 454 文字)

秋田の最新ニュース