145年の伝統を未来へ 鹿角市・平元小で閉校式

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
「ありがとう平元小学校」などと声を合わせる児童たち
「ありがとう平元小学校」などと声を合わせる児童たち

 来年3月で閉校する秋田県鹿角市の平元小学校(津幡治久校長、77人)の閉校記念式典が31日、同校体育館で行われた。児童、保護者らが出席し、明治から令和まで145年続く歴史を振り返りつつ、学びやと地域住民に感謝を示した。来春からは近隣の花輪北小(来年3月閉校)と統合し、「柴平小」として新たなスタートを切る。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 451 文字 / 残り 298 文字)

秋田の最新ニュース