渡り鳥、一斉に飛び立つ 中継地・能代市の小友沼【動画】

会員向け記事
お気に入りに登録

 国内有数の渡り鳥の中継地として知られる秋田県能代市の小友沼に、マガンやハクチョウが集まっている。1日は、夜明けとともに無数の渡り鳥が一斉に飛び立つ迫力ある光景が見られた。

 この日は午前6時10分ごろからマガンとハクチョウが次々と飛び立ち、餌の落ち穂がある周辺の田んぼなどに向かった。訪れた人たちは、大きな羽音を立てながら上空で旋回する様子に見入ったり、写真を撮ったりしていた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 368 文字 / 残り 179 文字)

イベントニュース