バドミントン、田児氏の処分解除 違法賭博問題で無期限の登録抹消

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
田児賢一氏
田児賢一氏

 日本バドミントン協会が、違法カジノ店での賭博行為により2016年4月に無期限の協会登録抹消とした田児賢一氏(31)の処分を、11月1日付で解除することが31日、分かった。

 協会関係者によると、処分から4年以上が経過し、その間に海外での指導や技術を伝える動画投稿など、競技普及に貢献したことが認められた。日本協会の理事会でも既に承認されている。

 田児氏は12年ロンドン五輪男子シングルス代表で、13年の全日本総合選手権では男女シングルスを通じて初の6連覇を達成した。

 違法賭博問題では桃田賢斗選手(NTT東日本)も試合出場停止処分を受け、17年5月に復帰した。