県内9月業況指数6・7ポイント悪化 製造業、過去最低に並ぶ

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県中小企業団体中央会は、県内の9月業況判断指数(DI)をマイナス66・7と発表した。前月から6・7ポイント悪化した。中央会は「新型コロナウイルスによる各業界への影響が長期化しており、全体的に資金面などで苦しい状況にある」と分析している。

 加盟60組合を対象に調査。DIは、業況が前年同月より「好転した」と答えた割合から、「悪化した」と答えた割合を差し引いて算出した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 696 文字 / 残り 510 文字)

秋田の最新ニュース