能代工・田中、守備でもり立てる

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 男子決勝で力の差を見せつけた能代工だったが、ターンオーバーなどのミスが出てしまい、優勝にも笑顔はなかった。ガード中山玄己主将(3年)は「点差が離れて安心した部分があった。いい流れが続かず、多くの課題が残った」と話した。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 982 文字 / 残り 872 文字)

秋田の最新ニュース