訪日客対応へ翻訳機、北秋田市のタクシー会社

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
たかのす・ひかりタクシーが導入した翻訳機(左)とモニター
たかのす・ひかりタクシーが導入した翻訳機(左)とモニター

 秋田県北秋田市のたかのす・ひかりタクシー(岩谷忠男社長)は、運転手が外国人観光客に対応するための翻訳機と、市内の観光スポットを紹介するモニターを車内に導入した。同社によると翻訳機の導入は市内のタクシー会社で初めて。モニター導入は県北部初。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 477 文字 / 残り 357 文字)

秋田の最新ニュース