SO橋本、存在感増す司令塔 「弾丸ラグビー」光るパス技術

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 秋のオープン戦に臨んでいる社会人ラグビーの秋田ノーザンブレッツ(NB)で、加入2年目のSO橋本憲(23)の存在感が増している。昨季はルーキーながらリーグ戦全9試合に出場した司令塔が、今季は副主将の重責も担う。年明けに開幕が見込まれるトップイーストリーグに向け、ゲームメークとともにチームのけん引役に期待がかかる。

早い集散、食らい付く
 正確なパスでフリーの選手に素早くボールを供給。広い視野を生かした的確なプレー選択、精度の高いプレースキックも光る。1日に秋田市で行われた清水建設戦では後半から出場。強敵を相手に試合は完敗だったが、早い集散で食らい付き、積極的に指示を出した。

 明治学院大時代まで175センチ、80キロのサイズに自信がなくコンタクトプレーは避けがちだった。社会人になってからは前にスペースができたり、相手のマークが小さかったりした時は自らボールを持って突進し、プレーの幅を広げている。昨季はオープン戦を含め3トライをマークしたが、大学4年間で挙げたトライ数と同じだった。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1157 文字 / 残り 714 文字)

秋田の最新ニュース