大曲工高電気科の9人、音楽に合わせて花火の打ち上げ演出

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
生徒が演出を手掛けた花火
生徒が演出を手掛けた花火

 大仙市の大曲工業高校でこのほど、電気科の3年生9人が演出を手掛けた花火が打ち上げられ、音楽に合わせた約300発が生徒や付近の住民を楽しませた。同校の授業の一環。

 生徒は打ち上げ順やタイミングを決めるコーディネート班と、自動点火装置にプログラミングするプログラム班に分かれて準備。同校卒業生でもある、北日本花火興業(同市)の花火師今野貴文さん(28)らの指導を受けた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 540 文字 / 残り 356 文字)

秋田の最新ニュース