地方点描:秋田道の延伸[鷹巣支局]

会員向け記事
お気に入りに登録

 県北部を車で東西に移動する際は、秋田自動車道(秋田道)を利用することが多い。目的地に到着する時刻を予想しやすいためだ。12月13日には、その一部となる北秋田市の蟹沢インターチェンジ(IC)から大館能代空港ICまでの約5・3キロが開通する。利便性がさらに高まることを心待ちにしている。

 秋田道の延伸は、2018年3月に大館能代空港IC―鷹巣IC間が開通して以来。今回の開通で国道7号と蟹沢ICが既存の県道を経てつながり、大館能代空港方面へのアクセスが格段に向上すると期待される。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 629 文字 / 残り 390 文字)

秋田の最新ニュース