仕事のゲンバ:つむぎ秋田アニメLab(秋田市) 精密な作画、「鬼滅」に制作協力

会員向け記事
お気に入りに登録

「鬼滅の刃」など人気アニメ制作の一端を担う「つむぎ秋田アニメLab」

 「鬼滅の刃」「ポケットモンスター」「キングダム」…。世界に誇る日本の人気アニメーションの一端が、秋田市旭北栄町にあるオフィスビルの一室で生み出されている。

 2017年設立、今年4月から同所に本社を構えた「つむぎ秋田アニメLab(ラボ)」。社会現象になった映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」にも制作協力として参加し、知名度を一躍高めた。

 社内は落ち着いた色合いの家具で統一され、90平方メートルほどのスペースには、整然と並ぶパソコンと周辺機器以外、ほとんど物が置かれていない。所属する20人ほどのアニメーターは20代が中心。私服姿で、作業中はイヤホンで音楽を聴きながら集中力を高めている人も目立つ。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 2474 文字 / 残り 2174 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース