学術会議、科技相が有識者と会談 「独立組織でも」の意見も

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
日本学術会議の在り方を巡る民間有識者との意見交換で、あいさつする井上科技相(右端)=9日午前、東京都千代田区
日本学術会議の在り方を巡る民間有識者との意見交換で、あいさつする井上科技相(右端)=9日午前、東京都千代田区

 井上信治科学技術担当相は9日、日本学術会議の在り方を巡り、政府の総合科学技術・イノベーション会議(CSTI)の民間有識者と意見交換した。井上氏は終了後、記者団に「学術会議をより良くするべきだとの認識で一致した」と説明。会談では「(政府が予算や人を出さない)独立した組織でもいい」との意見も出たと紹介した。

 CSTIは科学技術政策の司令塔の立場で、学術会議の提言などの受け手側に当たる。大臣室での会談にはNTTの篠原弘道会長、三菱ケミカルホールディングスの小林喜光会長、富士通の梶原ゆみ子理事が参加した。