県内米国人、助教、県出身者… 米大統領選どうとらえた?

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 大接戦となった米大統領選で民主党のバイデン前副大統領(77)が勝利を確実にした。「自国第一主義」を掲げる共和党のトランプ大統領(74)が勝利した4年前、取材に答えた秋田県内在住の米国出身者3人は今回の結果をどう受け止めたのか。バイデン氏への期待や注文を聞いた。

 4年前 「彼(トランプ氏)が米国の民意を代表しているとは思わないでほしい」

 秋田市在住で秋田大高等教育グローバルセンター講師のベン・グラフストロムさん(41)=ペンシルベニア州出身=は「ぎりぎりの接戦が続き、不安な気持ちで選挙を見守っていた。望んでいた結果が出てほっとした」と安堵(あんど)の表情を浮かべる。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 2892 文字 / 残り 2606 文字)

秋田の最新ニュース