秋系821引き立つ料理考案 高校生商品開発コンテスト

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
最優秀賞を受賞した金足農高3年の小林さん(右)と笠井さん
最優秀賞を受賞した金足農高3年の小林さん(右)と笠井さん

 秋田県内の高校生が県産食材を使った料理のアイデアを競う「高校生商品開発コンテスト」が7日、秋田市内で行われ、金足農業高校3年の小林羽蘭(うらん)さん(18)と笠井望美さん(17)の「ぎゅぎゅっと秋田の大人様ランチ」が最優秀賞に選ばれた。かまくらやきりたんぽといった秋田の特色を盛り込んだ料理が高く評価された。

 コンテストのテーマは、県オリジナル新品種米「秋系821」を引き立てる創作料理。県内9校の個人・グループが124品を出品した。書類審査を経て、金足農高で行われた決勝審査に5校の8組が進んだ。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 719 文字 / 残り 469 文字)

秋田の最新ニュース