秋銀、北都銀「再編の検討ない」 将来の可能性には含みも

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田銀行の新谷明弘頭取と北都銀行の伊藤新頭取は、菅義偉首相が地方銀行再編の必要性を指摘していることについて、どちらも「検討しているものはない」と述べた。両頭取とも現段階で他行と経営統合を進める計画はないと強調する一方、将来的な再編の可能性には含みを持たせた。2020年9月中間決算発表のためそれぞれ会見し、経営統合に関する考えを示した。
 

経営統合に関する考えを会見で語る秋田銀の新谷頭取(左)と北都銀の伊藤頭取


 菅首相は地方銀行について「数が多すぎる」とし、「再編も一つの選択肢になる」との考えを示している。日銀は10日、地方銀行の再編を後押しする新制度を創設すると発表した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 843 文字 / 残り 589 文字)

秋田の最新ニュース