折れたアームにトラック衝突、国道7号 前日点検は異常なし

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
折れて垂れ下がった交通量計測装置のアーム=10日午前5時ごろ、秋田河川国道事務所提供
折れて垂れ下がった交通量計測装置のアーム=10日午前5時ごろ、秋田河川国道事務所提供

 国土交通省秋田河川国道事務所は11日、秋田市下浜桂根浜田の国道7号で10日午前2時半ごろ、道路上に設置した交通量計測装置を支えるアームが折れて垂れ下がり、走行中の大型トラックに接触する事故が発生したと発表した。けが人はいなかった。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 278 文字 / 残り 162 文字)

秋田の最新ニュース