「一層気を配ろう」 理容師50人、新型コロナ感染対策学ぶ

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
理容師約50人が新型コロナウイルスの感染対策について学んだ講習会
理容師約50人が新型コロナウイルスの感染対策について学んだ講習会

 秋田県理容生活衛生同業組合の由利、矢島両支部はこのほど、新型コロナウイルスの感染対策などを学ぶ講習会を由利本荘市のホテルアイリスで開いた。両支部の理容師計約50人が参加し、新型コロナに関する基礎知識や、仕事上客との距離が近い理容師が取るべき感染対策について理解を深めた。

 講師は由利本荘保健所の永須昭夫主幹(53)が務めた。初めに感染者のおよそ3割が無症状であることなど新型コロナの基本的な特徴を紹介。カミソリをはじめ客の皮膚に直接触れる道具は煮沸消毒することや、客1人ごとに手指を消毒する、マスクを外している間は客と会話しないなど、理容師が心掛けるべきことについても説明した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 473 文字 / 残り 183 文字)

秋田の最新ニュース