鹿角中央病院の医師がコロナ感染 秋田市の女性も

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県内では12日、鹿角中央病院(鹿角市)に勤務する50代男性内科医と、秋田市の60代女性の新型コロナウイルス感染が確認された。県と秋田市がそれぞれ発表した。県内で感染が確認されたのは再陽性を除き69人。

 県と同病院によると、男性医師は今月7日、県外(東北地方)で知人ら数人と会食。9日から11日まで勤務先の病院で患者を診察したほか、10日に病院系列の介護老人保健施設「けいあい」(鹿角市)で入所者の回診に当たった。

 11日夜に体のだるさや寒気、12日には鼻水やせきなどの症状が出た。同日午前、院内で行った抗原検査で陽性反応が出たため、午後から全外来を休診した。男性医師は県健康環境センターのPCR検査でも陽性が確認され、同病院は同日から2週間、全外来の休診を決めた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 666 文字 / 残り 331 文字)

秋田の最新ニュース