オリックス中嶋氏、県出身4人目のプロ野球監督 落合氏以来

会員向け記事
お気に入りに登録

中嶋聡監督代行


 プロ野球オリックスは12日、中嶋聡監督代行(51)=旧秋田県鷹巣町出身=が来季の監督に就任すると発表した。大阪市の球団施設で記者会見に臨み「正直、荷が重いが、このチームをどうにか強くしたい、このチームで勝ちたい。立て直しに特効薬はないと思う。基礎中の基礎からやっていきたい」と決意を語った。契約は単年で、同日に秋季練習を開始した。

 本県出身の監督は1リーグ時代の1936年に大東京の選手兼任監督だった伊藤勝三(秋田中=現秋田高―慶大)、2002、03年に中日の監督を務めた山田久志(能代市出身)、04年から11年まで中日の指揮を執った落合博満(旧若美町出身)以来4人目となる。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 634 文字 / 残り 345 文字)

秋田の最新ニュース