「泣く子~」出演の仲野さん「正直、自信作」、都内で上映会

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
舞台あいさつした(左から)吉岡さん、仲野さん、寛一郎さん=東京都内
舞台あいさつした(左から)吉岡さん、仲野さん、寛一郎さん=東京都内

 伝統文化のナマハゲで知られる秋田県男鹿市を舞台にした映画「泣く子はいねぇが」(20日公開)の特別上映会が11日、東京都内で開かれ、秋田市出身の佐藤快磨(たくま)監督をはじめ、俳優の仲野太賀さん、吉岡里帆さん、寛一郎さんが登場した。

 映画は、大人になること、親になることから逃げてしまった青年たすく(仲野さん)が、過去の過ちと向き合って不器用ながらも成長する姿を描く。吉岡さんが乳飲み子を抱える妻、寛一郎さんは親友を演じた。

 仲野さんは「たすくという役に共感して、最大限、等身大で演じました。正直、自信作です」とあいさつした。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 526 文字 / 残り 263 文字)

秋田の最新ニュース